So-net無料ブログ作成

白河院の伝言

 平清盛第34話

1168年、清盛(松山ケンイチ)は寄生虫による熱病にかかり、倒れる。

 清盛倒れるとの知らせは、平家一門のみならず、朝廷や貴族、諸国の武士など多くの人々の心を揺るがせる。

 熊野詣でへ向かう途上にあった後白河上皇(松田翔太)も、清盛が病の床に就いたとの知らせを聞き、急ぎ京へとって返す。

 そのころ、病床の清盛は、夢を見ていた。その夢の中でで、清盛を宿した母・舞子(吹石一恵)に、実父・白河院(伊東四郎)が子を流せと命じていた。

 そして我が身を捨て、子の命を守った舞子の遺志に突き動かされた清盛は、白川院と対話を始める。そのころ、伊豆では北条時政(遠藤兼一)の娘、政子(杏)が運命の人との出合いを迎えていた。

----白河院の伝言って         何なんですかねぇ~

なんか不気味ですねぇ~・・・・ま、9月2日の放送を楽しみに待ちますか?・・・



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。