So-net無料ブログ作成

清盛 出家



平清盛第35話あらすじ「わが都、福原」

1168(仁安3)年、病から回復した清盛(松山ケンイチ)は、妻の時子(深田恭子)と共に出家する。

 快癒した清盛は一門の前で、港に近い福原に移り住む(要するに隠居ですな)事を表明し、皆を驚かす。

 後白河院(松田翔太)も清盛の動きを警戒する。2月、後白河院と滋子(成海璃子)の子・憲仁親王が即位して高倉天皇となり、初めて平家の血筋の天皇が誕生する。

 だが、滋子が皇太后になったことで、平家内の力関係も変わる。

変化ですね、変化、小さな変化が時には大きな変化につながる事もある。

 滋子の姉・時子の実子で清盛の三男・宗盛(石黒英雄)が台頭する一方、清盛の血のつながらない弟・頼盛(西島隆弘)は官位を辞任する。そのことは頼盛の心に影を落とす。

 一方、伊豆では政子(杏)が、我が子を殺されて絶望していた頼朝(岡田将生)と出会う。

【送料無料】平清盛 [ 加来耕三 ]

【送料無料】平清盛 [ 加来耕三 ]
価格:1,050円(税込、送料別)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。