So-net無料ブログ作成

平清盛 後白河法皇



第36話「巨人の影」

清盛(松山ケンイチ)は福原に移り住み、京を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せる。

後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。

1169年、成親(吉沢悠)の知行国・尾張の役人が寺社と衝突する事件が起こる。

このことに比叡山延暦寺は怒り、成親の流罪を訴えた僧兵達が京に押し寄せる。

側近である成親を守るため、後白河法皇は平家に僧兵たちを退けるように命じるが、

重盛は清盛から絶対に兵を動かしてはならないと言われていた。

出家したとはいえ、まだご隠居さんの権力が上なんですな、清盛も、法皇も・・・

腰が重い重盛にいらだつ後白河は、平家に圧力をかける。

清盛と後白河の板挟みに重盛が悩む中、突然、大軍を率いた清盛が福原から上洛。

後白河法皇達に緊張が走る。


【送料無料】平清盛

【送料無料】平清盛
価格:780円(税込、送料別)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。