So-net無料ブログ作成

平清盛第39話「兎丸無念」



  平氏政権-禿(かむろ)

 京では平家の密偵・禿(かむろ)の振る舞いに、人々は恐れをなしていた。

五条大橋で禿退治していた弁慶(青木崇高)は、遮那王(のちの義経:神木隆之介)と運命的な出会いを果たす。

 1172年、福原では万灯会の儀式が行われていた。清盛(松山ケンイチ)は兎丸(加藤浩次)とともに大輪田
泊の工事を進めていた。来るべき宋からの使者を迎え入れ、宋銭をはじめとする交易を始めようともくろむ。

 貴族は反対するが後白河法皇(松田翔太)は、使者を迎え入れることを認める。

 清盛は、大輪田改築を一刻も早く完成させることを望む。事故で多くのけが人が出たこともあり、兎丸は性急な工事に反対し自らの利に走っていると清盛を責める。

 ある晩、清盛と決定的な決裂をした兎丸は、一人で酒に溺れていたところに、時忠(森田剛)の放った禿が姿を現す。



【送料無料】平清盛 [ 加来耕三 ]

【送料無料】平清盛 [ 加来耕三 ]
価格:1,050円(税込、送料別)



万灯会:(まんどうえ)

 一万杯(はい)あるいはそれに準ずる多くの灯明を燃(も)して仏神を供養する法会。

禿(かむろ):ここでは、所謂平氏政権の「密偵」

 清盛を始め平家一門の急な栄進は、当然の事ながら従来の貴族の反感を買い、平氏の横暴さは庶民まで巻き込まれて、批判の言葉を口にするようになった。

 これに対して、清盛は一種の弾圧政治をとった。平家物語に見える話であるが・・・


タグ:禿 清盛 兎丸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。