So-net無料ブログ作成

平清盛 第40話 「はかなき歌」


 1174(承安4)年、大輪田の泊(神戸港)では亡き兎丸(加藤浩次)が夢見た日宋貿易が始まっていた。

 清盛(松山ケンイチ)は、国のため神となるよう、後白河法皇(松田翔太)と滋子(成海璃子)を安芸の厳島神社に参詣させる。

 そんな中、法皇の側近・西行(加藤虎之助)と成親(吉沢悠)は、平家のおごりぶりを警戒していたが、滋子は二人を呼び出し、これからも後白河法皇と平家の仲を取り持つようにと諭す。

 後白河法皇は滋子との愛を確かめながら今様の歌集「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」の編さんに勤しむ。世に役立つものではないが心を慰めてくれる、そんな歌を残したいと滋子に漏らす。

 しかし、76(安元2)年7月、後白河法皇と平家、そして貴族、各方面とつながり均衡を保つ事に力を尽くしてきた滋子が35歳の若さで不慮の病にかかり、世を去ってしまう。ああ、はかなき歌よ!

 バランスを失い、激動の世がついに始まろうとしていた。そのころ、伊豆では、政子(杏)が源頼朝(岡田将生)の武士の魂を目覚めさせようとしていた。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。